テンピュールとオクタスプリングのマットレスを徹底比較!どっちを選べば良い?

テンピュールとオクタスプリングのマットレスを徹底比較!どっちを選べば良い?

テンピュールオクタスプリングのマットレスを比較して、どっちを選ぶべきかいろいろな面から比較してみました。

具体的な商品としてサイズや形状が似ているもので比較したいので、こちらでは「テンピュールフトンプレミアム」と「ヤーマン オクタスプリング」のシングルサイズをとりあげてくらべてみました!

それぞれの特徴も参考にしながら、自分に合う方を選びましょう。

テンピュール・オクタスプリングそれぞれの特徴

はじめに、テンピュールとオクタスプリングそれぞれのブランド特徴を簡単にあげてみましょう。

大きく違うのは、寝心地です。

テンピュールは体が沈み込む低反発、オクタスプリングは低反発と高反発の間の『ハイブリッド反発』という点です。

テンピュールの特徴

テンピュール

テンピュールはNASAの体圧吸収素材の開発から誕生した、低反発のマットレスです。

世界98か国の国や地域で販売されており、ホテルや医療施設でも導入されている満足度の高いブランドです。

オクタスプリングの特徴

オクタスプリング 口コミ

オクタスプリングは日本のメーカー『ヤーマン』の、弾力性と通気性を兼ね備えた3Dウレタンスプリング採用のマットレスです。

ウレタンの包み込む感じをそのままに、形状をスプリング上&ハチの巣状のハニカム構造にしたことで、ウレタンの良さをいかしつつ通気性と弾力性を実現しています。


さすがに知名度はテンピュールのほうがありますが、オクタスプリングも累計400万枚以上売り上げる人気商品です。

素材の良さや通気性はどっちが上?

テンピュール オクタスプリング 素材

テンピュールとオクタスプリング、それぞれの素材を比べてみます。

テンピュールはウレタン製、オクタスプリングもウレタン製です。

 

テンピュールはNASAの技術で開発された特殊なウレタン『テンピュール』が、体温や体重、体型に合わせて最も心地よいと感じる姿勢をキープし、体の一点に負荷が集中することなく体圧を分散してくれます。

点ではなく面で支えるため、寝返りを最小限に抑え、眠りを妨げません。

デメリットとしては水洗いが効かないことや、熱や湿気がこもりやすいことなどがあげられます。

 

一方オクタスプリングのウレタンは、形状をスプリング状にし、さらに自由自在に変幻するハチの巣状のハニカム構造にしているので、ウレタンのマイナス面だった通気性の悪さを見事クリアしています。

同じウレタンという素材ですが、テンピュールはNASAの技術の特殊ウレタンであること、オクタスプリングは新技術で通気性をクリアしたこと、どちらも甲乙つけがたいです。

そこをあえて厳しくジャッジするなら、やはりユーザー目線で通気性を実現したオクタスプリングを押すことにしましょう。


素材に関してはウレタンの弱点である通気性の悪さをクリアしたオクタスプリングに分があると言えるでしょう。

厚さとかたさ、大きさを比較

テンピュール オクタスプリング サイズ

続いて、二つの厚さとかたさ、大きさを比較します。

まず厚さですが、テンピュール(フトンプレミアム)は7cm、オクタスプリングも同様に7cmです。

テンピュールは柔らかい寝心地、オクタスプリングは柔らかさの中にも、体を支える反発力があります。

 

大きさは、テンピュールが95cm×195cm、オクタスプリングは97cm×193cmでほぼ同じです。

よって、厚さや大きさにさほど差はないので、好みの寝心地で決めるのがよさそうです。


サイズ感はほぼ一緒ですね!

値段を比較!高いのはどっち?

テンピュール オクタスプリング 値段

二つの値段を比べてみます。

テンピュールフトンプレミアムはジャパネットで59800円、オクタスプリングはメーカー公式ショップで19800円です。

両方ともマットレスカバー付きですが、テンピュールには枕と枕カバーもついてきます。

ちなみに、オクタスプリングの枕『オクタスプリングピロー』は、マットレスと同素材でできていて、お値段9000円となります。

それにしても単純に段だけで比較すれば、オクタスプリングの方が断然安いといえます。


純粋に値段だけで比べればオクタスプリングのほうが断然お安いです。

しまいやすさを比較

テンピュール オクタスプリング 収納

次に、収納性を比べます。

テンピュールは7つのブロックから成っているので、ジグザグにして折りたたむことが可能です。

ちなみにこの状態で立たせることもできるので、通気するときはこの状態にすると省スペースになります。

 

オクタスプリングは、普通の布団と同じように三つ折り可能で、押入れにも収納できるコンパクトさです。

マットレスを立てかけておくスペースがない場合には、たたんでしまえます。


収納性はほぼ同じということがわかりました。

耐久性を比較

テンピュール オクタスプリング 耐久性

二つの耐久性を比較します。

耐久性は、年数による劣化と、体重による劣化から考えてみました

テンピュール素材は年を重ねても反発力は変わらず、耐久性に優れた素材とメーカーでは明記しています。

 

オクタスプリングは6万回もの耐久テストをクリアして検証しているため、普通に使う分には耐久性には問題ないとしています。

ただしどちらもウレタン製なので、体重が重いと同じ場所がより深く沈み込んでしまうため、特定部分のみ劣化しやすくなる可能性があります。


どちらもメーカーによると耐久性はありますが同じ素材のため甲乙つけがたい結果となりました。

抗菌性を比較

テンピュール オクタスプリング 抗菌性

二つのマットレスの、抗菌性を比較します。

まずテンピュールについて、特に抗菌・防臭・防ダニ加工はしていないとのことです。

素材であるウレタンからはダニは発生しないとのことですが、気を付けたいのはカビです。

ウレタンは通気性が悪いので、敷きっぱなしにしたり通気を怠ったりすると湿気がこもってカビや臭いの原因になります。

 

オクタスプリングもウレタン製ですが、高い通気性を持つハニカム構造なので、常に空気を流動させることができます

これにより、一般的なウレタンに比べて約90%もダニの発生を抑えられているということです。

ということで、この点に関してはオクタスプリングの方が優れているといえるでしょう。


抗菌性についてはオクタスプリングのほうがよさそうです。

保証制度の違い

テンピュール オクタスプリング 保証

保証制度の違いを比較してみます。

マットレスは高い買い物なのでできれば1回で決めたいし、寝心地だって実際寝てみるまでわかりません。

そんな時、便利なのが保証です。

 

テンピュールには5年の保証がついており、対象となるのはテンピュール素材に深さ2㎝以上の明らかな凹み、欠陥、劣化が発生した場合です。

ただし、カビは対象外です。

 

一方で、オクタスプリングに関しては、保証について明記されていません

未開封・未使用の場合のみ、8日以内なら返品が可能ということです。


しっかり保証を明記しているテンピュールのほうが安心感がありますね。

テンピュールがおすすめな人

テンピュール おすすめ

では、これまでのことからテンピュールがおすすめな人をまとめます。

  • 低反発の沈む感覚が好き
  • かたい布団が苦手
  • NASAの技術やブランド力に弱い

このような方にテンピュールをおすすめします。

 

低反発の感覚は、好きな人と嫌いな人が大きくわかれます。

どのくらいの吸収力かというと、「6mの高さから生卵を落としても割れないくらい」の衝撃吸収力です。

自分の全体重を均等に吸収してくれるテンピュールなら、包みこまれるような感覚で眠れるかもしれません。

オクタスプリングがおすすめな人

オクタスプリング おすすめ

次にオクタスプリングがおすすめな人をまとめます。

  • 低反発の良さと高反発の良さどちらも欲しい
  • 高品質でなるべく安いマットレスがいい
  • マットレスは通気性重視

このような方にオクタスプリングをおすすめします。

 

オクタスプリングは、低反発ウレタンの良さを生かしながら、低反発では実現できなかった通気性を兼ね備えています。

なので、「低反発の寝心地は好きだけど通気性が…」という方にはピッタリのマットレスです。

まとめ

今回は、テンピュールとオクタスプリングの違いについて説明してきました。

同じウレタン素材同士の比較でしたが、形状に違いがあるため、それぞれ違った特徴がありました。

値段も相当開きがありますので、いろいろな面を総合的に考えて、マットレスを選んでみてください。